お金が貰える

私が小説書き始めたのってお金が貰える、かもしれない!からだったのね。
高校生の時に、夏休みにちょっと軽い感じの短編書いて、とあるラノベの新人賞に送ったの。
そしたら、佳作に選ばれて、賞金が五万円。
お金が貰える!って動機で書いたけど、本当にお金が貰えるとは思ってなかったから、ちょっと得意になっちゃってね。
それで、私、大学に入ってからも、小説書き続けて。
だけど、佳作に選ばれたのはその一回限り。
その後、どんなに書いても、頑張っても、箸にも棒にも引っかからなくて。
労力と紙代、インク代、郵送料の無駄遣いだって自覚したんだよねー。
お金が貰える!なんて動機で小説書いてた罰があたったのかな、なんて思ったんだ。
やっぱり、ああいうのは、天性の才能とか、とてつもない衝動とか、「何か」がないとダメなんだろうね。
お金をくれる人
お金が貰える!かも!程度の気持ちで踏み入れていい領域ではなかったんだな、たとえ、それがラノベだとしても・・・。
でね、今まで書いた作品を読み直してみたんだけど、その佳作に選ばれた作品がどう見ても一番へたくそだったんだよね。
賞取った後の作品の方が、読みやすいし、こ慣れてきてるって感じなの。
これが佳作なら、その後の作品だって!って自分では思うんだけどねー。
やっぱり、編集者からしたら、妙にこ慣れてる文よりも、素人くさい、垢ぬけない文の中に、何かを見出したりするんだろうか?なんてますます分からなくなってね。
だけど、お金が貰える!かも!ってガツガツしてた時の方が、確かに書いてて楽しかったな。
パトロンの作り方
愛人契約

セフレ探しアプリ

僕はセフレがいなくなるとセフレ探しアプリを利用します。僕はなぜか突然セフレと連絡がとれなくなることが多く、そのまま音信不通ということが多々あります。そんな時にセフレ探しアプリでまたセフレを探します。セフレ探しアプリは本当に便利だなと思います。今までのセフレも僕は、こうやって探してきたからです。セフレとの関係は大体1年です。1年を過ぎると今回のように突然連絡がとれなくなることがよくあります。友人に聞いてもそんなことはないと言われます。僕とセフレとの間のサイクルはそうなっているようです。今回こそは関係が続いていくんじゃないかと思うのですが、いつも別れは突然にきます。
セフレ アプリ
だから、いつも1年頃になるとセフレとのコミュニケーションを密にしているのですが、それでもダメでした。こういう経験を経て僕はセフレを何人か作ってみようと思うようになりました。今とりあえず1人は探しているので、後2人は探してみるつもりです。でも、もし1年後に3人とも音信不通になれば僕はもう諦めます。やっぱりそういうサイクルになっているんだと諦め1年で別れが来るものだと思い、セフレと接することにします。僕はセフレに対しての感情としては、友達のような感情で接しているので、やっぱり別れがくるのが辛いです。そうならないためにどこかでセフレに対する感情として切り替えないといけないのかもしれません。これからの僕の課題はそういうことなのかもしれません。
セックスしたい
セックスしたい

テレエッチ

周りから「麗奈はモテるでしょ。男も不自由してなさそう。」「スタイルいいしグラビアで働いたら凄く人気者になりそう。」そんなことを言われ、原宿でスカウトされたのがきっかけでグラビアの世界に入りました。だけど、現実は甘くありませんでした。全く売れないし、しかも水着ショットでもきわどい水着を着せられたりと精神的に病んでしまいそうな私。そんなある日マネージャーから私に合わせたい人がいると言われとあるお店に行きました。すると、そこには60代ぐらいのハゲたおじさんがいました。

「この人は芸能界でも顔が広いから仲良くなると今後麗奈にはいいことあると思うよ。」「よろしくね。麗奈ちゃん。」そう言ってマネージャーは私をハゲおやじの隣に座らせました。酒も入っているせいか私の太ももを触ってくるハゲおやじ。気持ち悪い。でもこのままグラビア世界から消えたくない。その日は連絡だけ交換して終わりました。
エロチャットをして学んだLINEのオナ電でオナ指示する方法

後日、その人から連絡がありホテルの誘いがありました。嫌だったけどこの世界に生き延びるためだと思いホテルへ行きました。「来てくれると思ったよ。」そういって、ハゲおやじは私の上着を脱がし始めました。「優しくしてくださいね。」「もちろんだよ。」全く気持ちよくないし、気持ち悪かったけれど、感じているふりをしました。喘ぎ声を聞かせると喜ぶおやじ。そして、早めにイカせました。「麗奈ちゃんに会えない時はテレエッチしてもいい。」「いいよ。テレエッチしたことないから楽しみ。でも、私も生活かかっているから仕事が忙しくならないと田舎に帰っちゃうも。」「分かってる。知り合いに色々頼んでみるから。」

こうして、私の仕事はだんだん忙しくなりました。もちろんハゲおやじとのエッチも増え、できない時はテレエッチやったり精神的にますますきつくなったけどこの世界に生き延びれるならもう少し頑張ろうと思います。
口内射精